京都府立京都学・歴彩館京の記憶アーカイブ

文字サイズ

  • 標準

西日本鳥瞰大図絵

御造營記 : 寛政

濡姿逢初川 3巻(存1巻)

西洋事情 残1巻

[芝居番附]二月吉日より道頓堀中の芝居において : 二日目

洛中洛外朱引絵図

徳隱遺稿 3巻

日光御参向御道中記 : 文化十二亥年四月

資料ガイド

  • 269_0003_0000_s

    2018.05.21

    京都に子午線があった時代

    皆さんは井上ひさしの「四千万歩の男」を読んだことがありますか? その主人公は伊能忠敬、全国を測量し、文政4(1821)年に「大日本沿海輿地全図(だいにほんえんかいよちぜんず)」(別名「伊能図」)という非常に正確な日本地図 […]

  • 駅前発御前

    2018.05.20

    昭和大禮寫眞帖

    今年は昭和大礼から90年にあたります。大礼とは天皇の即位にかかる一連の儀式のことです。戦前の皇室典範では、大礼は京都で行うことが明文化されていました。 関連行事は一ヶ月程度に及ぶため、その間、政府首脳も京都に常駐しました […]

  • 0000963865_0001re

    2018.05.11

    北垣国道銅像

    琵琶湖の水を利用して物資を運び、京都の産業を興そうという計画は、江戸時代からたびたび計画されていました。それが実現したのは、近代になってからの京都府の施策としてであり、その時の知事は北垣国道(きたがきくにみち)でした。 […]

  • 葵祭2

    2018.04.27

    脇役が語る古写真「葵祭」から「葵橋」 その2

    前回に引き続いて、今回も葵祭の写真を見ながら、少し当時の様子について想像を巡らしてみたいと思います。下の写真は前回紹介した石井行昌(いわいゆきまさ)氏撮影の写真です。場所は旧葵橋東詰めを下流側から撮影した写真だと思われま […]

  • aoibasi01

    2018.04.02

    脇役が語る古写真資料「葵祭」から「葵橋」その1

    当館では、数多くの古写真を所蔵しています。写し出された画像は絵画と違ってレンズがとらえた光景がすべて記録されます。 今回は黒川翠山(くろかわ すいざん)氏・石井行昌(いわい ゆきまさ)氏の撮影した「葵祭」の写真、中でも「 […]