吉井勇日記にみる馬町空襲

少し前の記事ではありますが、2018年3月30日の京都新聞26面に掲載された「歌人吉井勇の日記に京都・馬町空襲」は、当館所蔵の吉井勇の日記を研究した静岡県立大学の細川光洋教授の研究成果※1を紹介したものです。

続きを読む 吉井勇日記にみる馬町空襲

黒川翠山・石井行昌撮影写真資料の複写写真

当館の黒川翠山撮影写真資料は、写真家の黒川翠山が撮影したものですが、一部に複写した写真も含まれています。1443番の「轜車(じしゃ)」 (柩車)は、『明治天皇御大喪儀写真帖』*1(1912年(大正元)刊)に載るものと同一で、そこには「陸地測量部撮影」と書かれていました。

続きを読む 黒川翠山・石井行昌撮影写真資料の複写写真

茶道具を擬人化? 中国の茶書『茶具図賛』

動物、刀剣、軍艦、国・・・さまざまなモノを擬人化した漫画、アニメ、ゲームなどが流行していますが、700年前の中国でも道具を擬人化して解説するユニークな書籍が刊行されました。それは『茶具図賛』という茶書で、茶道具を人に見立てて紹介しています。

続きを読む 茶道具を擬人化? 中国の茶書『茶具図賛』

市電の歴史の一幕を証言する古写真資料

鉄道ファンの方なら「知っているよ」とおっしゃるかもしれませんが、皆さんはこの一枚の写真をご覧になって何か違和感がありませんか?

市電(四条大橋)」(石井行昌写真資料 No.183)

続きを読む 市電の歴史の一幕を証言する古写真資料

丹波国世木から山城国嵯峨までの大堰川筋絵図について

これらの絵図には、世木から保津(現・亀岡市)まで、保津から嵯峨の渡月橋に至るまでの大堰川が描かれています。

続きを読む 丹波国世木から山城国嵯峨までの大堰川筋絵図について

大石内蔵助の隠棲地、岩屋寺

「忠臣蔵」で有名な、主君浅野内匠頭長矩(あさのたくみのかみながのり)の無念を晴らそうと吉良邸に討ち入った赤穂四十七士。そのリーダー大石内蔵助(おおいしくらのすけ)は討入り前に京都、山科の地に住んでいました。その隠棲地として知られるのが、山科区西野山桜ノ馬場町にある岩屋寺です。

続きを読む 大石内蔵助の隠棲地、岩屋寺

琵琶湖疏水図誌

琵琶湖疏水工事の様子を記録した画帖です。『琵琶湖疏水工事写真帖』とともに、工事の様子を伝える貴重な記録資料です。

この画帖の作者の河田小龍(かわだしょうりょう)(文政7(1824)年~ 明治31(1898)年)は、土佐藩士の家に生まれ、坂本龍馬や中浜万次郎(ジョン万次郎)とも親交がありました。

続きを読む 琵琶湖疏水図誌